Case Study for Service
14:20-
15:00
Twitter Facebook
「人工知能の眼」による検品自動化。次世代の製造現場とは
自動車の重要機能を支える部品製造を行う武蔵精密工業。 高品質な製品開発により、世界中の自動車メーカーから厚い信頼を受けています。 自動化が進む当社工場ですが、一方で人の目に頼った最終検査も重要な工程の一つとして残っています。 さらなる進化のための次なる取組みは、ディープラーニングによる画像解析を活用した検品の自動化。 人による検査と同等の精度での検品作業を目指しています。 「人工知能の眼」を活用した品質管理は、製造現場にどのような革新をもたらすのか。 完全自動化・無人化工場など次世代にあるべき製造現場の構想を、工機事業部 村田氏よりお話します。
村田 宗太 武蔵精密工業株式会社
工機事業部