Case Study for Business
14:20-
15:00
Twitter Facebook
リアル店舗運営を変革する。顧客行動データの活用、実践編
IoTやAIなどの技術の発展により、これまで捕捉できなかった顧客行動を数値化できるようになりました。 スタッフ頼みの勘と経験に頼る店舗運営ではなく、消費者行動を定量化、データから「売れる理由・売れない理由」を導き出し、仮説検証を繰り返しながら「売れる店舗」を築き上げる仕組みづくりが、いまリアル店舗の現場に求められています。本セッションではいち早く顧客行動の可視化を実践し、店舗経営の手法を大きく変えた小売企業2社をご紹介。 ICI石井スポーツでは店舗レイアウトを最適化するため、エリアごとに顧客の立寄り率を測定。最も顧客が買い回りをする店舗構築を目指します。Francfrancではブランドターゲットと実際の来店客を比較することで「誰が店に来ているのか?」を把握、顧客理解に活用しています。実施に至るまでの過程や奮闘、そして成果など生の声を語っていただきます。
奥野 悠一 株式会社Francfranc
戦略企画部
事業構造改革担当
川村 尚弘 株式会社ICI石井スポーツ
執行役員
経営企画室 兼 オムニ事業部 兼 店舗運営部 室長
モデレーター: 長谷 直達 株式会社ABEJA