Main
14:20-
15:00
Twitter Facebook
故障修理の業務改革、最前線。
ダイキン工業ではIoT/AI活用を重点的な経営戦略に位置づけており、故障修理といったサービスの高度化にむけて、 これらを活用した業務改善を推進しています。そのプロジェクトのひとつが空調機器の修理対応。故障が発生すると、従来ではサービスマンが膨大な過去履歴を参照しながら、 経験やノウハウを基に対処法を決めていました。このプロセスに人工知能を活用することで、膨大な過去データから該当する部品をAIが提示。修理の一発完了率の向上に向けた取組みを行っています。 将来的には、関連する業務でのAI活用も進めていきます。 人工知能による業務改革を推し進めるダイキン工業は、今どのような進化を遂げているのか。 業務へ取り入れるまでの具体的なプロセスや数年のうちに成し遂げる構想も含めて、電子システム事業部臼井・河合より詳らかにお伝えします。
臼井 晋介 ダイキン工業株式会社
電子システム事業部 営業部 SF営業グループ
課長
河合 詔之 ダイキン工業株式会社
電子システム事業部 開発・技術部